AGAの原因は?沖縄人にハゲが多いのはなぜ?

沖縄の男性の場合、髪の毛が薄くなる原因のほとんどは、男性型脱毛症(AGA)によるものだ。沖縄の男性は男性ホルモンが強く、体毛や腕毛とすね毛もすごいことになっている。管理人のちぶるハゲももうすごい体毛だ。

一般的に体毛が濃い人は男性ホルモンが強く、薄毛になりやすいと言われている。これは男性ホルモンが男性型脱毛症(AGA)に関係があるからだ。

ではAGAはどんな仕組み私たちの髪をハゲ散らかそうとしているのだろうか?

薄毛が進行するのはヘアサイクルの乱れから

沖縄人の場合、薄毛となる方の90%はAGA(男性型脱毛症)が原因だ。AGA(男性型脱毛症)は名前の通り、男性特有の脱毛症で額の生え際や頭頂部の髪が徐々に薄くなっていく薄毛の病気みたいなもの。

AGAについて知るためにはヘアサイクルについて知る必要がある。俺たちの髪の毛1本1本には寿命がある。伸びては抜け、また新しく生えるサイクルがあって、それをヘアサイクルと呼ぶ

下の図のように髪の毛は、成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2~6年間続くわけ。でもAGAの人は男性ホルモンの影響によって成長期がどんどん短くなっていくため、髪の毛が十分に成長できないのだ

髪の毛が成長できないため、髪は細くなってハリもなくなる。そして、生える毛よりも抜ける毛の方が多くなって、薄毛が進行するわけ。最終的には毛根自体がなくなって、髪が生えてこないツルツルの究極ハゲちゃびんに進化するわけさ

つまりM字ハゲやてっぺんハゲはほとんどの場合AGAが原因である。そしてM字ハゲやてっぺんハゲにもハゲ型があるがいずれは後頭部までハゲる形に進行していく

上の写真を見て「あ~このハゲ方は自分と似ているな~」と思ったことは高い確率でAGAだ。対策を打たないと薄毛は進行を続ける。

実はAGAの特徴として『進行性の脱毛症であるため、男性ホルモンに対して対策を打たないと進行が止まらない』ということだ。

つまり、AGAの方は男性ホルモンが原因で薄毛となっているため、基本的には「育毛シャンプー」「育毛剤」「育毛サプリ」「育毛食品」「頭皮マッサージ」などでは対策することができない。男性ホルモンにアプローチすることなく、他のことを一生懸命頑張っても無駄になるわけよ・・・。

ちぶるハゲは体毛も濃ゆくて男性ホルモンバリバリなのに、そこには対策しなかったから薄毛を止めることができなかった・・・。薄毛商品をいろいろ試しても、AGAに対策をしていなければ全ては意味がなくなってしまう。

ちなみに円形脱毛症などは、ストレスによって髪の毛の一部が急激に薄くなったりするわけだから、AGAとは違うよ。

AGAは1ヶ月、2ヶ月という短期間で急に目に見えてハゲるのではなくて、ゆっくりと薄毛が進行していって、気づかぬうちに頭頂部の頭皮が見えるほど薄くなっていたり、M字部分がくっきりとしていたりするわけ。

ヘアサイクルの乱れはジヒドロテストステロンが関係

では、なぜAGAの人はヘアサイクルが乱れるのか?ヘアサイクルを短くする原因は、はっきりとわかっている。ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが危険だ

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼによって変換されることで作られる。テストステロン(男性ホルモン)は5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンが生成されるのだ。

そして、ジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にくっつくと、髪の毛の成長をブロックする。その結果、成長が止まった髪の毛は次々に抜けて薄毛が進行していく。

つまり、AGA型薄毛をなんとかするためにはヘアサイクルを短くする原因であるジヒドロテストステロンを何とかしたい

対策としては、

  • ジヒドロテストステロンを作らせない
  • ジヒドロテストステロンを排出する

このどちらかとなるわけ。

ジヒドロテストステロンを作らせないためには?

meka2

ジヒドロテストステロンの生成量を減らすことができれば、そもそも薄毛は進行しない。遺伝的にハゲないという羨ましい人がいる。彼らは私たちと違って元々ジヒドロテストステロンができにくい体質だ。

しかし、私たちは違う。体毛も濃ゆいしジヒドロテストステロンも豊富でハゲやすい。つまり選ばれた人々だ。ではどうすればよいのか?

最も良い対策は、プロペシア(フィナステリド)を飲むことだ。プロペシアに含まれているフィナステリドは男性ホルモンに働きかけることで抜け毛を防ぐことができる。テストステロンが5αリダクターゼと結合することを防ぎ、ジヒドロテストステロンの生成を抑えるのだ

ようするに抜け毛を防ぐためにはプロペシアが最強であり、いわば抜け毛の守護神ともいえる。

プロペシアを飲むことで薄毛の進行が止まれば、その次にミノキシジルを使うことで髪の毛を増やすことができるわけだ。

つまり沖縄人の薄毛の原因は男性ホルモンの濃さにあって、それはAGAという脱毛症だけどプロペシアという治療薬を飲むことで抑えることができるということだ。

だからあきらめてはならない。AGAは解決できるのだ。

ちなみにちぶるハゲは沖縄のAGAクリニックに通うことで薄毛を解決できたよ。詳しくは以下の記事を参考に。

http://yoshikei-okayama.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。